EcstasyアンプのRedチャンネルを足元に!Bogner red miniペダル

ミュゼットジャパンスタッフSです。

 

Bognerアンプの代表格と言えば、トップクラスのギタリストが愛用している『Ecstasy』アンプ。多チャンネルアンプで最もハイゲインであるレッドチャンネルを模したペダルが発売となりました。

数年前にEcstasy redが発売となりましたが、今回はサイズが小さくなってシングルチャンネルペダルとして新発売です。

 

Bogner Ecstasy red mini

ブースト付きの2チャンネルペダルとして初代Ecstasy redペダルが発売され、今回はEcstasy red miniとして発売された新ペダル。

音を出す前は、初代Redペダルと似たような音質でブーストチャンネルを無くしたものかと思いきや、少しサウンドにチューニングを施している印象を受けました。

 

筐体サイズは初代Redペダルの約半分となり、ペダルボードに収まりが良くなりました。

初代はサイズが少し大きめだったので、ペダルボードがいっぱいのギタリストにとっては嬉しいニュースです。

 

コントロール

ノブはディストーション系のペダルの定番であるボリューム、ゲイン、3バンドEQです。

ミニスイッチは初代Redペダルからvariacとpre eqを引き継いでいます。

 

variacは定電圧でアンプを動作させたようなサウンドが特徴で、ゲインが上がり音量が少し下がってコンプ感が増した音です。

非常に滑らかかつ、往年の音が飛び出してきます。

 

pre eqはローとハイの出方が変わります。

使うアンプや、ギターによってEQツマミとは別に細かく設定をすることができます。

 

そして、Ecstasy miniに新たに追加されたスイッチがgainスイッチとMid EQ Frequencyです。

 

gainスイッチはEcstasyアンプでいうgain boostと近いツマミです。ゲイン量を設定することができます。

Mid EQ Frequencyは筐体の裏側に搭載し、ミドルのポイントを設定することが可能です。また裏蓋を外さずともアクセスすることが可能なので操作性も良いですね。

 

サウンド

Ecstasyアンプと弾き比べたところ、特徴を掴んでいるなという印象です。Ecstasyアンプのローの若干ルーズな部分や、2、3弦のタッチなんかそっくりです。

 

しかし決して実機そのままというわけではなく、エフェクターらしさもあり、アンプの良さを上手に落とし込んでいます。

低音の調整幅もコントローラブルで、非常に扱いやすいペダルです。

 

総合評価

ノイズの静かさ ★★★☆☆
ニュアンス ★★★☆☆
操作性 ★★★★☆
音作りの幅 ★★★☆☆
音の速さ ★★★☆☆

 

ノイズは若干多めかなと感じましたが、許容範囲内かなと思います。

音の速さもBognerらしく少しもったりとしたイメージ。

 

しかしながら、さすがBognerといった完成度になっています。

他のペダルメーカーには真似ができない唯一無二のサウンドです。

 

まとめ

ペダルボードの空きを考えてサイズを選ぶか、ブーストを選ぶかでペダルの選択肢は変わってきますが、はっきりとしていてユーザーとしても選びやすいのが非常に良いポイントです。

 

Bognerエクスタシーを足元に置いて、楽しむのに最適なペダルです。

ぜひこちらの詳細ページもご覧になってください。

 

Ecstasy Red miniのミュゼットジャパン公式ホームページはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください