Bogner Ecstasy Blue miniは最高峰オーバードライブペダル

多チャンネルアンプの最高峰Bogner Ecstasyのブルーチャンネルを元に作られた『Bogner Ecstasy Blue mini』が発売となりました。

 

Bogner Ecstasy Blue mini

Ecstasy Blueペダルがラインナップに存在しますが、Ecstasy Blue miniにはブーストがなくなり、1スイッチで筐体がコンパクトになりました。

Ecstasy Blue miniは守備範囲が広く、クリーントーンの補正にも使えるローゲインから、ディストーション手前のハイゲインサウンドまで幅広い音作りが可能です。

Ecstasyアンプのブルーチャンネルと、Ecstasy Blue miniの2つをブラインドテストをしたとしても正解を当てるのは難しいのではないか、そう感じてしまうほどの完成度の高さです。

 

 

コントロールとサウンド

コントロール系にはオーソドックスなゲイン、ボリューム、3バンドEQ、そしてミニスイッチを3つ搭載しています。

 

筐体の裏にはミドルのセンターのピークを調節するツマミを搭載おり、効きはかなり幅が鋭く、少し動かすだけでも音が変化します。

 

variacは低い電圧でアンプを動作させた時のサウンドをシミュレートしており、コンプ感が増してゲインが増幅されます。

pre eqは高域と低域の出方を調節、gainはその名の通り3段階でゲイン量を調節します。

 

狙えるサウンドの幅が広く、例えばクリーントーンの補正に使うのであればvariacを左、pre eqをB1、gainをLにセットするとキラキラとしたクリーントーンを作ることができます。

 

また、variacは右、pre eqはB2、gainはHにするとリードトーンを作ることができます。

 

Bogner Ecstasyアンプのブルーチャンネルサウンドを、手のひらサイズのペダルで表現したBognerはさすがの一言です。

 

動画

 

まとめ

Bogner Ecstasy Blue miniはオーバードライブの最高峰と言っても間違いないでしょう。

完成度が高く、幅広いサウンドメイクが可能なペダルです。

 

製品の公式ホームページはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください