【新製品情報】Overture

主な特徴

多彩な音色を実現するギターシステムを構築する上で必要不可欠なスイッチング機材やMIDIフットコントローラー等で知られるブランドRJM。その功績は世界的に認知されており、 Mastermind GT・ PBCシリーズなどの最先端のスイッチング機材を世に送り出してきました。
そのRJMが今まで培った技術を集結し、メーカー初となるエフェクトペダルの第一弾として『Overture』オーバードライブが登場しました。
Overture は純粋なアナログ回路ながらも、ノブの位置やスイッチの状態を保存し、それを瞬時に呼び出すことができる、フル・プログラマブル・オーバードライブペダルです。デジタルによるモデリングでもシミュレートでもない、本物のアナログサウンドを実現。まさに新次元のエフェクトペダルです。

クラシックな名機からインスパイアされた4種類のモードとRJM独自の2種類のモードの計6種類のオーバードライブモードを搭載。 各ノブやスイッチ、ドライブモードで設定したお気に入りの音色をプリセットすることができ、 本体だけでも最大8プリセット、MIDI機器を用いれば最大100個のプリセットを呼び出すことができます。外部MIDIコントローラーに接続されたEXPペダルを用いて、演奏中に各ノブの設定をリアルタイムに変化させることが可能。同社RJMのMastermind GT・PBCシリーズ等の多彩なMIDI機能を持つコントローラーと組み合わせれば音作りの可能性と再現力は果てしなく、プレイヤーが思い描く理想のサウンドバリエーションを提供してくれます。

本体のみでも細かなエディットに対応しながらも、メーカーより無償で提供されるエディターソフトを使用すればより容易にエディットを可能とします。
※ エディターソフトのリリースは、2021年夏頃を予定しております。


OVERDRIVE MODES

●Clean Boost : RJMオリジナルサウンド、最も高い出力レベルを持ち、ギターアンプのゲインをプッシュするのにも最適です。
●Classic : 最も有名なオーバードライブペダルへのオマージュ。中域が強調されたスムースかつアグレッシブなサウンド。※1
Boutique : Classicモードよりコンプレッション感が少なくよりオープンなサウンド。※1
Versatile : 搭載されるモードでの中で最もフラットなサウンド。BASSノブにより幅広いトーンシェイピングが可能です。
Smooth : 最も高いヘッドルームを持ち、MOSFETクリッピング回路を採用することによるサチュレーション感の強いサウンド。
Crunch : RJMオリジナルサウンド、アンプに匹敵するアグレッシブな中域が特徴です。

※1 :Classic・Boutique モードでは、BASSコントロールはアクティブになりません。


FRONT PANEL CONTROLS

●PRE-BOOST : 最大+12dBのゲインブーストが可能です。長押しすることで常時ONの状態にロックされます。
●GAIN : ゲイン量をコントロールします。
●VOLUME : マスターの音量をコントロールします。
●BASS : 低域をコントロールします。(※Classic・Boutique モードではアクティブになりません)
●TREBLE :高域をコントロールします。
●Preset LED : プリセットナンバーを表示します。(Preset 1〜4 : RED LED/Preset 5〜8 : GREEN LED)
MODE Switch : オーバードライブモードを選択します。長押しするとプリセットをストアできます。
SOLO Footswitch : ソロプリセット(Preset 5〜8)への切り替えスイッチとなります。現在選択されているプリセットにPRE-BOOST機能をONにする設定や、オーバードライブモードを変更するなど様々な設定が可能です。
ON/OFF Footswitch : エフェクトのON/OFFスイッチです。エフェクトがON時はLEDが赤色に点灯し、プリセット内容を変更すると緑色へと変化します。変更内容をストアするとLEDは再び赤色に点灯します。
またON/OFFスイッチとSOLOスイッチを同時に押すことで次のプリセットを選択することができます。


主な仕様

電源:DC 9V 150mA センターマイナス
サイズ:11.1(W) x 13.3(D) x 6.1(H)cm ※ノブの高さを含む。
重量:481g
付属品:保証書・取扱説明書(日本語)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください