FRIEDMAN GOLD-72 Wahは軽量かつ、かかりが深いワウ

FRIEDMANの新作「GOLD-72 Wah」が発売されました。

低域からグイッとエグるようなサウンドのワウです。

 

FRIEDMAN GOLD-72 Wahのサウンド

リードはもちろんのこと、ハイゲインで弾くと低音弦でのパワーコードでもガツガツとワウがかかります。

Fulltoneを代表するペダル「Clyde Wah」とは全く違い、まるで猛獣の雄叫びのような響きを感じさせます。

 

そして、GOLD-72Wahの特筆すべき点が非常に軽量だということ。フルサイズワウなのに、その重量はわずか1,003g。

ワウは重たい…そんなイメージを覆しました。

 

コントロール類

バッファーのオンオフ

GOLD-72 Wahにはアウトバッファーが搭載されています。

ボードの先頭に置く場合はバッファーをオンに、バッファーをすでにお持ちの場合はオフに…といったセッティングが可能になります。

 

オフ時はトゥルーバイパスになるので、接続時の劣化を心配する必要はありません。

 

スウィープを調整

ペダルの下部に3ポジションスイッチを搭載。エフェクトのかかり具合を調節することが可能です。

 

ポジションの変更におけるキャラクタの変化が分かりやすく、お好みのサウンドが見つけられるはずです。その他にも、楽曲によって使い分ける…なんてことも可能です。

 

ON/OFF時のLED搭載

ON/OFFを視覚的に判断できるブルーのLEDが搭載されました。

照明が常に降り注ぐステージに立つギタリストのことを一番に考えられた便利な機能です。

 

まとめ

フリードマンから出た待望のワウペダル『GOLD-72 Wah』は、リフからリードトーンまでインスピレーションを刺激するワウとなってリリースされました。

 

ワールドクラスのトッププロのサウンドを作り上げてきたデイブフリードマンが制作し、全てはギタリストのために制作されたワウペダルです。

FRIEDMAN GOLD-72 Wahのミュゼットジャパン公式ホームページはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください