FRIEDMAN GOLD-72 Wahは軽量かつ、かかりがエグいワウ

ミュゼットジャパンスタッフSです。

 

FRIEDMANの新作「GOLD-72 Wah」が発売されました。

上品なかかりのワウというよりは、下からグイッとえぐるような利きのワウです。

 

FRIEDMAN GOLD-72 Wahのサウンド

FRIEDMAN GOLD-72 Wahはかなり利きがエグく、下からグイッと持ち上げるサウンドが特徴的なワウです。

リードはもちろんのこと、ハイゲインで弾くと低音弦でのパワーコードでもガツガツとかかります。

 

ここまで深く効くワウペダルはFulltoneを代表するペダル「Clyde Wah」とは全く違い、猛獣のような響きを感じさせます。

 

そしてGOLD-72Wahの特筆すべき点がもう1つ。

非常に軽量だということ。

 

フルサイズワウなのに、その重量はわずか1,003gです。

本体が軽量な素材で作られているため、非常に軽く、ボードにセットしてもプレイヤーへの負担を軽減してくれます。

 

コントロール類

バッファーのオンオフ

GOLD -72 Wahにはアウトバッファーが搭載されています。

ボードの先頭に置く場合はバッファーをオンに、バッファーをすでにお持ちの場合はオフに…といったセッティングが可能になります。

 

オフにした時はトゥルーバイパスになるので、接続時の劣化を心配する必要はありません。

 

スウィープを調整

3ポジションスイッチを搭載し、エフェクトのかかり具合を調節することが可能です。

EQとしては低音の効き具合が変わる印象です。若干音量も変化する気がします。

 

ポジションの変更におけるキャラクタの変化が分かりやすく、お好みのサウンドが見つけやすいと思います。

他にも楽曲によって使い分ける…なんてことも可能です。

 

ON/OFF時のLED搭載

ワウペダルにあると便利な機能の1つで、ON/OFFを視覚的に判断できるLEDが搭載されました。しかも見た目がかっこいい青色。

ワウのかかりは分かりやすいし、ランプなんていらないんじゃないかと思う方もいるかもしれませんが、バンドの中で演奏していると非常に役に立ちます。

 

特に爆音の中で音を出していると段々と耳がバカになってきてしまいます。ワウもかかってるかかかっていないかの判断がしにくくなってきてしまいます。

ON/OFFを視覚的に判断でき、非常に楽になる便利機能です。

 

まとめ

フリードマンから出た待望のワウペダルは、ハードロック中心にハイゲインで音を出している方にオススメができるワウペダルです。

低音弦でもガツガツとワウが効き、システムにも対応できるオンオフ可能なバッファー、そして何より軽量で持ち運びが非常に楽になりました。

 

全てはギタリストのために制作されたワウです。

お買い求めはこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください