EQ搭載のブースターFRIEDMAN BUXOM BOOST

2017年9月23日に同時発売となったFRIEDMANのエフェクター『DIRTY SHIRLEY』と『BUXOM BOOST』の2機種。

EQ搭載のブースターのBUXOM BOOSTをご紹介します。

 

FRIEDMAN BUXOM BOOSTとは?

FRIEDMANの『BUXOM BETTY』というアンプがラインナップされており、そのアンプの回路をベースに製作されました。

 

サウンド

ペダルをオンにするとハイの煌びやかさと、音の分厚さをサウンドに添えてくれます。

アンプをクランチにしてこのBUXOM BOOSTを繋ぐと迫力のあるサウンドへ昇華します。

 

こちらの動画が参考になるかと思います。

 

 

こちらもまた素晴らしいサウンドです。

 

 

EQ

BUXOM BOOSTのEQを搭載していることが最大の特徴となっており、例えばハイの細かい部分を突き詰める…そんなことも可能になりました。

 

Tightは低域の締まり具合を設定できます。

EQはバイパス可能で、ミニスイッチを上にするとバイパスモードとなり、ツマミ上段のMid、Bass、Trebleがバイパスされます。TightとBoostはバイパスでもコントロール可能です。

 

上記の画像の設定のMid0、Bass0、Treble5がBUXOM BOOSTのフラットです。

Boostはレベルと兼用になっており、Boostを上げるとレベルも上がります。

 

まとめ

BE-100のBEチャンネルにBUXOM BOOSTをインプットするとジューシーで、粘っこい極上のサウンドを作り出すことができます。

ミュゼットジャパン公式ホームページは以下のリンクから。

 

BUXOM BOOST詳細へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください