プロフィール:

群馬県前橋生まれ。ギターを11歳のときはじめる。
90年代~2000年代半ばにかけてLAにて音楽活動を行い様々なレジェンド達と共演。

2000年代半ばより東京にて EXILE、ATSUSHI、AI、今市隆二、BENI、EXILE SHOKICHI、加藤ミリヤ、Endricheri等とのレコーディング・ライブツアーと本のミュージックシーンで活発に活動している。

様々なCD参加作品の一部に EXILE THE SECOND “WILD,WILD,WILD” “ROUTE 66”、Tee “ベイビー・アイラブ・ユー”、  Warren G “What U Wanna Do (feat. Nate Dogg) ” などがある。

またFantastic Negritoの2017年グラミー賞コンテンポラリーブルース部門受賞アルバム「The Last Days of Oakland」2019年グラミー賞コンテンポラリーブルース部門受賞アルバム「Please Don’t be Dead」の2作品ではマサ小浜のギターが全般にわたり大きくフィーチャーされている。

■マサ小浜Official Website■

http://masakohama.com/

 

使用機材:
・Lovepedal- COD (本当にこれは手放せません。極上トーン)
・FRIEDMAN- RUNT 20 (小さいながら素晴らしいアンプ、たくさんのレコーディングで使用してます)
・Wampler- Ego Comp, the Paisley,
・VERTEX- Dynamic Distortion, Nyle, Boost (音やせ防止だけでなく、トーンに命をそそぎます)

・Fulltone- Fulldrive 2, Supa Trem, Clyde Wah Deluxe,